工場紹介

株式会社ジャフマック 天然酵母研究所は、自社の醗酵食品の製造拠点として、平成16年に千葉県の房総半島にある長生郡長柄町に設立されました。
自然豊かなこの場所は、温暖な気候と、きれいな水と空気で、生き物である酵母を醗酵させて作る、「醗酵カシス」や「醗酵カムカム」、「果実酵母マーベル」、「果実酵母ローヤル」、「梅肉エキス」の醗酵食品づくりに適した環境なのです。
この場所で、熟練者が昔ながらの醗酵方法で製品づくりをしています。
それでは、製品ができるまでの流れをのぞいてみましょう。

醗酵カシスができるまで

  1. 仕込み
    1.仕込み

    こだわりのアントシアニン豊富なニュージーランド産カシスと北海道産の甜菜からできた砂糖(甜菜糖)・オリゴ糖のみで、素材の良さを生かした製品づくりをしています。

  2. 醗酵
    2.醗酵(発酵)

    温度管理された室内は、酵母の醗酵に適した環境で、約3週間の間、醗酵させます。その間、熟練者が樽全体をかき混ぜながら、じっくりと醗酵させていきます。

  3. 工程検査
    3.工程検査

    理化学検査を行い、製品品質に問題がないことを確認しています。それだけでなく、熟練者が五感を働かせて、味・香り・色などから醗酵の具合を確認します。

  4. 圧搾(搾汁)
    4.圧搾(搾汁)

    カシス果実を「しぼり機」に入れ、果実に含まれている果汁を絞ります。絞った果汁はカシス果実から溶け出たアントシアニンで濃い紫色をしています。

  5. 加熱殺菌・充填
    5.加熱殺菌・充填

    長い間、美味しく飲んでいただけるよう、加熱殺菌した果汁をビンに入れます。

  6. 密封
    6.密封

    果汁が熱いままの状態でキャップをし、外から雑菌が入り込むのを防ぎます。

  7. 製品検査
    7.製品検査

    理化学試験を行い、製品品質に問題ないことを確認しています。

  8. 包装
    8.包装

    包装し、決められた本数ずつ入れて、お店を通して皆さんのお手元へ。

▲ページトップへ戻る